プラセンタの成長因子

プラセンタには多くの成長因子が含まれています。
この成長因子とは、細胞増殖因子(グロスファクター)とも呼ばれ、細胞分裂を活発にして新たな細胞を生み出し、新陳代謝をアップさせる効果があります。
表面からではなく、身体の内側から生まれ変わることが出来るので、美容と健康にとてもいい影響を与えるのです。

成長因子は自分で作ることができるのですが、これはだいたい10歳ごろから減少していく傾向にあります。
さらに20歳を越えてしまうと、急激に減少してしまいます。
顔に出来た吹き出物が若い頃にくらべて治りにくくなったり、跡が残りやすくなったりするのは、これが原因です。
プラセンタは、この成長因子の働きを助ける、おどろきの組織といえます。
プラセンタに含まれる成長因子には、さまざまな種類があります。

◆繊維芽細胞増殖因子(FGF)
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やします。
深いシワ、たるみを改善し、またニキビ跡を修復し、肌の透明感を増してくれます。

◆上皮細胞増殖因子(EGF)
皮膚、角膜、肺、気管などの上皮細胞の増殖をうながします。

◆肝細胞増殖因子(HGF)
肝細胞や諸組織の細胞を増殖します。
さまざまな肝障害を改善し、予防してくれます。

◆インシュリン様成長因子(IGF)
軟骨細胞、平滑筋細胞を増殖させます。
関節痛をやわらげる効果があります。
また育毛にも効果があります。

◆神経細胞増殖因子(NGF)
知覚・交感細胞などの神経細胞を増殖し、
自律神経、ホルモンバランスを整える作用があります。
精神が安定しますので、うつ、更年期障害の症状を改善してくれます。

◆免疫力を向上させる因子
造血幹細胞などの、免疫力の向上にかかわるさまざまな細胞を増殖します。
また抗体産生細胞への分化を促進してくれます。
CFS
インターロイキン1
インターロイキン2
インターロイキン3
インターロイキン4
などがあります。