植物性プラセンタについて

植物性プラセンタという言葉はご存知でしょうか?
動物性プラセンタの原料は胎盤ですが、植物性プラセンタはというと植物の胎座――主に大豆、ライ麦、トウモロコシ、アセロラなどから抽出されます。
この胎座は、胚の若芽でつくられます。
これは植物が成長するために、とても大切な組織です。
動物の胎盤と同じ働きをしてるといえます。

では動物性プラセンタとの違いはどこでしょうか。
動物性プラセンタには、さまざまな成長因子(細胞増殖因子)が含まれていますが、植物性プラセンタにはアミノ酸、ビタミン群、ミネラル類が含まれているだけで、成長因子は含まれていません。
ですので、新しい細胞を次々と産み出していく、若返り効果、いわゆるアンチエイジングの効果は、植物性プラセンタには期待できないのです。
けれども、アミノ酸、ビタミン群、ミネラル類などお肌や美容にいい成分が豊富に含まれておりますので、美肌・美白効果に期待が持てそうです。
また、抗酸化特性も持っています。
お肌にハリを与えたり、保湿効果も有ります。
プラセンタのトライアルセットからお試ししてみてはいかがでしょうか。

もともと植物性プラセンタが開発されたのは、2000年代初頭のBSE(狂牛病)問題がきっかけとされています。
動物性プラセンタと違い、残留ホルモン、病原体汚染の心配がないといわれています。

お肌のくすみ、しわなどが気になってきた・・・でも動物性プラセンタを使用するのは少し心配・・・。
といったように動物性プラセンタの使用に抵抗がある方には、動物性ホルモンを含まない植物性プラセンタの使用がおすすめです。
また動物性プラセンタは少し独特の匂いがしますので、プラセンタを使い慣れていない方、匂いに敏感な方は、匂いが気にならない植物性プラセンタの利用がいいですね。
他にも商標登録されている海洋性プラセンタというのもあるそうです。
商標登録と商標調査はこちらをご覧ください。

気をつけなければならないのは、植物性プラセンタにはライ麦が原料のものもありますので、ライ麦や小麦アレルギーをお持ちの方は原料をよく確認したうえでの利用をおすすめします。
安全なプラセンタの利用を心がけましょう。
こちらにはプラセンタとセサミンの危険性について詳しく掲載されているので是非ご覧ください。